お宮参りセット・道具

お宮参りセット・道具(でんでん太鼓や扇子など)について

お宮参りには、独特な小道具が使われます。それぞれに願いが込められた縁起物です。日本の伝統文化であるお宮参りに使う道具について、一つずつ探ってみましょう。

 

扇子、でんでん太鼓、犬張り子

独特の小道具としてよく用いられているのが扇子、でんでん太鼓、犬張子です。扇子は「末広がり」の形から縁起が良く、赤ちゃんの名前や生年月日を書き込み、神社に奉納して帰ります。でんでん太鼓は江戸時代に流行したおもちゃで、赤ちゃんに差し上げる記念品の意味があります。犬張り子ですが、まず「犬」は多産で赤ちゃんも良く育つそうで、子どもにまつわる縁起担ぎによく用います。お産前に「犬の日」のお参りをしたり、お宮参りで赤ちゃんの額に「犬」と書いたりしますね。張り子とは、竹で形作った土台に紙を張り付け、装飾したものです。「竹」と「犬」で「笑」となり、お祝いにふさわしく、お宮参りセットには欠かせないものになったのでしょう。狛犬などからわかるように、犬には魔除けの意味も含まれています。

 

これらのお道具は、お宮参りセットとして販売されていますし、扇子以外の道具はご先祖様がとっておいて下さったものを使うこともあるようです。祝い着を着つけた背中にぶらさげるのが習わしです。

 

紐銭

主に関西で行われる文化で、お宮参りをお祝いするものです。「紐祝い」とも呼ばれます。お宮参りの初着の紐に、ポチ袋やご祝儀袋にいれたお小遣いを下げて下さいます。お宮参りの前や帰りに、ご近所や親戚の方へご挨拶に伺った時など、1000円から3000円くらいの金額を下さいます。お宮参りセットなどと合わせて、凄くにぎやか!お祝いらしい雰囲気になるので、少額でもたくさんぶら下がるのが良いとされています。残念ですが、最近はあまり見られない光景です。たくさんの祝福が形に現れていて、素敵な文化ですよね。特別お返しは必要ないとされますが、何かの折に写真を添えて、お菓子を差し上げるなどすると良いでしょう。

 

⇒縁起の良いお宮参り写真