お宮参りの食事(自宅)

お宮参りの食事を自宅で料理したり出前で行う場合

お宮参りの後は、すぐに帰って来たいと思う方も多いはず。着物は慣れていないし、洋服でもオシャレ着は一刻も早く脱ぎたい!と思うもの。だからお宮参りの後の食事会は、自宅で開いても良いものですよ。ちょっと工夫すると、思い出に残る食事会になります。お祝いの料理を準備するのはとっても大変です。でも基本的にお宮参りの後、食事会を開くしきたりと言うものはありません。あまり堅苦しく考えず、みんなが赤ちゃんのそばで、楽しくご飯を食べられたらそれで良いものです。

 

出前、仕出し屋さんに注文する!

家族皆さんが喜んで下されば、おそばを出前に取っても良いかも知れませんが、せっかくのお祝いですから、仕出し屋さんにお祝い膳をお願いする方法があります。昼食に、と申し出ると、お弁当のスタイルで作ってくださるお店もあります。お弁当なら一人前が一つの器に盛られています。たくさんのお皿を並べなくてもよく、配膳も片付けも手間取りません。

 

料理は、前日頑張る!

せっかくだから手料理を、と言う場合。お母さんがあまり無理をされると、皆さんが心配されます。無理なく準備できるもの、と考えると、前日に作っておける煮物や、汁物はいかがでしょうか。その他、お近くのお魚屋さん(スーパーの鮮魚部でもOK!)に予約をお願いするのもおすすめです。「お宮参りなので、おいしいところを5人前、お刺身にしておいて下さい」と注文しましょう。5人前くらいであれば、大皿盛りにしてもらって、当日受け取ってテーブルに並べるだけで、素晴らしいごちそうです。

 

実はスーパーの鮮魚部は、何気なくお願い事をしても聞いてくださる場合があります。立派なお魚を一匹食べたいから、「半身はお刺身にして、残りは冷凍しますので、焼き魚用にしてもらえますか?でも漬け焼きも食べたいので、焼き魚用の半分は厚めで。あと、中骨はアラ汁にしますので、捨てないで下さい。」なんて言ってみたことがありますか?ちょっと勇気が必要ですが、多くの鮮魚部さんは、喜んでおろして下さいます。生ごみもナシです。お祝いの席だけでなく、毎日のごはんの支度にも大活躍ですよ!

 

⇒自宅撮影も可能なお宮参り写真