お宮参りのお祝い

お宮参りのお祝い・ご祝儀やプレゼントについて

お宮参りのお祝い金、ご祝儀についてご紹介します。現在は核家族が増えましたので、「○○家のお祝い」と言うとピンと来ない方もいらっしゃるかも知れません。しかし本来のお宮参りは、家単位のお祝い事として行われてきました。お祝いをする側、される側がはっきりすると、ご祝儀が必要なのか、内祝いになるのかが見えてくると思います。

 

義父母、本来は「お祝いされる方々」

お宮参りは武家文化から生まれたと推察されますが、男の子に後を継がせる風習から、このたび生まれた赤ちゃんはお父さんの家の赤ちゃん、つまり義父母の家の赤ちゃん、と言うことになります。ここから考えると、義父母からはお祝い金などご祝儀は出す必要がありません。更に言うと、お宮参りはむしろ、義父母が執り行う儀式である、とさえ言うことが出来るのです。それに従い、初穂料を義父母が用意したり、お参り後の食事会の費用を出したりすることも少なくないそうです。しかし先に述べたとおり、現在は家、と言う考え方は廃れつつあるものです。お宮参りもパパ、ママが中心に行って、もし義父母の方々からご祝儀、お祝いを頂いたら、ありがたく頂戴しましょう。後で記念写真やメッセージを添えてプレゼントをお返ししてはいかがでしょうか。きっと喜んでいただけると思います。

 

祖父母、「お祝い差し上げる方々」

お宮参りの祝い着は、お母さんの家、つまり祖父母から出すのが習わしでした。「一つ身」と言う赤ちゃん用の着物を新調したものですが、現在は着物を着ること自体が機会をなくし、新調する意味も消えつつあるのではないでしょうか。レンタルしたり、セレモニードレスなど、洋装でお宮参りを行う方々が増えています。祖父母の方々からはご祝儀袋で、と言う形でお祝いに替えているようです。

 

パパ、ママは「お祝い、しつつされつつ」

お宮参りの主役は、赤ちゃんです。でもお父さんとお母さんはお祝いされる側でもあります。お祝いを頂いたら、別の機会に贈答品をお返しする、内祝いとして手土産をお渡しするなど、本来しなくても良い、とされる気遣いをする場合が出て来ました。これは伝統文化が変遷しつつある中、よりよく人間関係を築こうとしている現在の若い父親、母親の工夫だと思います。義父母、祖父母ともに遠方から来て下さることもあるでしょうし、お宮参りの費用を負担してくださる方もいらっしゃるでしょう。お祝いをして下さる方へは、感謝の気持ちを伝えましょう。メッセージを添えて、内祝いとして手土産をお渡しするなど、感謝を伝えるちょうどよいチャンスです。

 

⇒皆に喜ばれるお宮参り写真について