お宮参りの費用

お宮参りの費用はいくら?奉納料・初穂料・玉串料の相場など

お宮参りでは神社に、いくらお包みすればよいでしょうか。お金のことは口に出すのがはばかられるもの、大体の相場から包み方まで、こちらでご紹介いたします。

 

そもそも初穂料、玉串料って?

はつほりょう、と読みます。厳密に言うと、神社にお納めするあれこれの料金は、「費用」とせず「神社に奉納する」と言う形を取ります。奉納するのはお参りする方ですので、「奉納料」は誤った言葉になります。昔は文字通り「初穂」、つまり一番最初に実った穂を神社へお納めしたとのこと。そこから神社へのお礼にはお米など農作物を納めるようになり、更にお金へ変化しました。現在もお神酒などの品物にのし紙を付けて奉納することがあります。初穂料は「お礼」ですから、神葬式では使えません。

 

似たものに玉串(たまぐし)料と言う言葉があります。こちらも初穂料同様、神社にお納めするお金です。本来「榊に紙を付けたもの」が玉串、こちらを用意できない代わりに用意するのが玉串料です。神葬式にも用い、お札、お守りを頂くときには使えません。お宮参りでは祝詞を上げて頂きますので、どちらかの準備が必要です。

 

どのくらい包む?どうやって包む?

初穂料、玉串料はのし袋を使いましょう。水引と言う細い飾りひもが付いた飾り封筒が伝統ですが、現在は装飾が印刷された封筒もあります。どちらを使っても構いません。また、白い封筒で代用することもあります。文房具店などで販売されており、水引の色、形によって用途が違いますので注意して選びましょう。お宮参りでは紅白の蝶結びを使います。同じ紅白でも結び切りと言う形の水引は、「一回だけにしたい」と言う願いが込められたもので、お宮参りには当てはまりません。気を付けましょう。

 

のし袋の書き方は、内袋と外袋で構成されている場合、内袋の裏面に赤ちゃんの住所とフルネームを、表面に入れる金額、金○○圓也、と真ん中に書きます。表も裏も縦書きです。お札の印刷の、人物が表に来るように封筒に入れます。次は表書きです。外袋の真ん中に水引が来るようにし、上に「御初穂料」もしくは「玉串料」、下に赤ちゃんのフルネームを縦書きします。

 

初穂料はいくら、と値段が決まっているものでもありません。お近くの神社であれば、下見がてら調べてみると良いでしょう。中にはいくら、と掲示している神社もあります。思い切って伺っても良いと思いますが、「お心で結構です」と言うお返事の場合もあります。そんな時は相場を参考にして下さい。お宮参りでは、5000円〜1万円くらい、と言われています。現金をお包みしますが、新札じゃなきゃダメ、と言うことはありません。もし手持ちのお札にあったら、その時は是非新札を包みましょう。

 

⇒低予算でプロ品質のお宮参り写真