お宮参りの食事(外食)

お宮参りの食事を飲食店など外食する場合の選び方など

お宮参りの帰りに、食事会を開く場合があります。これは伝統がどうの、と言うものではなく、親族がせっかく集まったので、と言う意味の会食です。しきたりではないので、皆さんで楽しくお食事をされることが一番大切です。今回は外食、飲食店で行う場合について考えてみましょう。

 

会場の選び方

お宮参りの後、食事をするので、会場は神社から行きやすい場所が良いでしょう。加えて今回はお宮参りです。赤ちゃんが一緒であることをお忘れなく。お座敷や個室になっているか、ベビーベッドを用意してくれるかなど、「赤ちゃん連れの客に慣れているお店」がポイントです。お母さんはまだ産後すぐですから、あまり堅苦しいお店よりは、ゆっくりできる方が良いかも知れません。100日前後にお宮参りをする場合、お食い初めを同日に行うことも考えられます。お食い初めとは、「これから一生、食べるに困らないよう」願いを込める儀式です。一汁三菜にお餅、歯固めの石を、漆塗りの蒔絵椀に装い、食べさせる真似をします。もし同日に行うなら、お店がお食い初めに対応してくださるか、確認が必要です。予約をする際伺ってみて、一番良いお店を選びましょう。

 

予算ってどのくらいがイイのかな?

最初に触れたとおり、お宮参りに必要な儀式、と言う訳ではありませんので、皆さんがおいしく楽しく食事が出来ればそれで良いのです。昼食であれば2000円程度、夕食であれば3000円〜5000円程度が良いのではないでしょうか。勿論、この際だからと奮発してもOKですし、無理をしても仕方がありませんから、晴れ着で日替わりランチセットを頂いても楽しいかも知れません。習わしでもありませんので、「おめでとう」とメッセージを入れてもらって、みんなでケーキを頂いても良いですよ。お祝いの席ですから、ぜひ乾杯のご挨拶から始めてはいかがでしょうか。その場の年長者にお言葉を頂き、赤ちゃんの長寿を願いましょう。きっと良い思い出になるでしょう。

 

⇒会食風景も撮影可能なお宮参り写真