お宮参りの母親(ママ)服装

お宮参りでの母親・ママの服装について

お宮参り、洋装にしたい!

お宮参りには何を着て行きましょうか。動きやすくて準備が簡単な洋服なら、移動も楽だし慣れています。お金もかけられないし、私服で、できればスーツで行きたいけど、非常識にならないかな?と心配になりますよね。いくら楽だからと言っても、カジュアルすぎる普段着ではその場に合うとは言えないでしょう。ファッションは「場に応じる」ことが肝心です。お宮参りは赤ちゃんが主役、付き添うご家族はみんなで赤ちゃんをお祝いする立場です。場が分かれば、衣装のイメージが浮かんできますね。

 

神様の前に立つときは「正装」が基本です

お宮参りの服装は、出席するみなさんであらかじめ相談されると良いでしょう。何も知らずに軽装で来てしまう方がいると、気まずい目に合わせてしまいます。みな一様に正装を心がけると無難、とお伝えしておけば安心です。義母の服装がきまったら祖母に伝えるなど、ご両親が少し配慮をすると良いかも知れません。お招きする出席者に「平服でお越しください」(フォーマルスーツで着て下さい、の意味)などど言うと、間違ってラフな格好で来てしまうことがありますので、大体の様子を加えてお伝えしましょう。

 

できる範囲で工夫をしましょう

完全母乳育児のママは赤ちゃんに授乳をする可能性を考えてください。その上で服装を決めましょう。お祝いですから、ピンクのワンピース、スーツにしようと言う場合、あまり強い色にしない方が落ち着いた母親のイメージになります。正装なら、とブラックフォーマルをそのまま着ると前身黒で喪服になってしまいます。黒スーツしかない場合は、華やかなフリルブラウスコーデ、きれいな色のスカーフを使うなど、工夫をしましょう。パンツスーツでもOKですし、ツーピース、授乳服、前開きの上着は授乳にすぐ対応できます。プチプラ、ユニクロやGU、ZARAなどもコーディネート次第ではOKです。派手になりすぎたり、夏は特に露出に気を付けて、上手に組み合わせて使いましょう。ロングワンピースも素敵ですが、裾が邪魔になるかも知れません。手持ちのリクルートスーツやツイードセットアップからジャケットだけを使って、ワンピと合わせることも出来ますね。冬ならコートを着ますし、赤ちゃんがいますのでバッグは見た目より実用性です。余り気にすることもありません。大切なのはお参りですから、できるだけ正装をして行く、と言う気持ちが表現できれば大丈夫ですよ。

 

⇒綺麗に残すお宮参り写真について