お宮参りの絵馬

お宮参りの絵馬の書き方(願い事)や返納・返却方法について

お宮参りの帰りに神社から絵馬を頂くことがあります。お宮参りに限らず、絵馬にお願い事を書いて神社に下げたりしますが、お宮参りで頂いたときはどうすると良いのでしょうか。

 

絵馬ってどうして「絵馬」?

現在の絵馬は干支や神社にちなんだ絵柄のものもあり、一方で馬の絵が描いてあったりします。本来の絵馬は後者になります。本物のお馬さんを奉納したいのですが、残念ながらできません、と言う場合に代用したことから始まりました。文字通り、「絵に描いた馬」だったようですよ。お願い事を叶えて貰いたい、とお願いと同時に奉納することもありますが、お願い事が成就したのでお礼参りとして奉納されることもあります。お宮参りの場合、赤ちゃんの健やかな成長をお願いするものですから、翌年、「一年間無事に過ごせました」とお礼を申し上げて返納しても良いものです。お札やお守り、厄除けの破魔矢同様、返却するまではご自宅の神棚などに上げておきましょう。神社で頂いたものの有効期限があるとすれば、一年だそうです。その期間を過ぎたら、大みそかに炊き上げて頂く方法もあります。

 

絵馬の書き方って?

絵馬を購入し、神社にお納めした時点で奉納が行われたことになります。お宮参りでは、初穂料に含まれることになりますので、お手元に渡ったらいつお納めするか考えましょう。お馬さんの代わりの絵馬に何かを書き込む必要はなかったのですが、いつからか願い事を綴るようになりました。自然発生した文化ですので、決まった書き方はないとされています。初穂料や扇子みたいに住所や名前を明記しなくちゃいけない、とも考えがちですが、現在は個人情報が悪用されるケースもあり、おすすめできません。皆さんがいつでも閲覧できる状態で下げて帰る場合が多く、ちょっと怖いので、書くなら赤ちゃんの下のお名前の方だけにして、一年間の無事や成長を願いましょう。ペンは神社で用意してあるようですが、混んでいると困りますので、持参するのも良い方法ですね。

 

⇒神社に行く前に予約するお宮参り写真