お宮参りの赤ちゃんの服装

お宮参りでの赤ちゃんの服装・祝い着について

お宮参りの時、赤ちゃんに何を着せるか。ちょっと考えてしまいますよね。やっぱり正装は着物だし、でもちょっと大変そう。セレモニードレスは退院した時使ったけど、寒そうでちょっと・・・実際は何をどう着ているのか、赤ちゃんの服装についてご紹介します。

 

大体こんな感じです

 

お宮参りで赤ちゃんの服装を着物にした場合。着せ方は、まず産着など下着の上におくるみなど、赤ちゃん用の着物を着ます。よだれかけを付けて帽子をかぶり、この上から初着(うぶぎ)を着せるのですが、これは赤ちゃんを抱いた大人の方の腕ごと包むように掛けます。「祝い着」「掛け着」と呼ぶこともあります。初着についているひもを大人の背中で結びます。縦結びにならないよう、結び方に気を付けて下さい。お宮参りの時には、ほぼ新生児を外に連れ出す状況ですから、冬は寒くないように普段から使うツーウェイオールや産着の下にもう一枚下着を着せても良いでしょう。祝着で隠れるので、下の服装はある程度なんでも大丈夫です。記念撮影の場合は、着物を着せて前掛けを掛けることもあります。

 

お宮参りにセレモニードレスを着せよう、と言う場合。やはり寒くない様にある程度着せてから、ドレスを着せます。アフガンやポンチョでくるんであげるのも良いでしょう。和装同様、大人が抱っこした腕ごとケープで覆って完成です。ママのウエディングドレスをリメイクして、手作りのベビードレスやスタイ、ケープを作るのが夢、なんて素敵な文化もあります。一着から、赤ちゃん用セットが作れるようですよ。機会があれば挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

女の子

 

女の子の着物は、赤やピンクなどの色で、毬や花、鶴など縁起の良い柄の友禅です。洋装では純白のドレスにヘッドドレス、ヘアバンドのようなものを付けることもあります。女の子ですからかわいらしく華やかに、着つけてあげましょう。

 

男の子

 

男の子の着物は、黒や深めの紺地が多く、鷲や鷹、兜など勇壮な柄の友禅が多いのですが、本来は「男児なら白羽二重、のしめ模様!」が伝統なようです。しかし現在はあまり扱われておらず、女の子に負けずに華々しいものが多いです。必ず紋を、と言うのも、男の子ならではですね。洋服なら、男女共白いドレスになります。男の子にフリフリはちょっと、と言う方は蝶ネクタイをあしらったロンパースやタキシード風のものなど、ちょっぴり男の子っぽく仕立てられたものもあります。お好みで選んでください。

 

⇒可愛く残すお宮参り写真について